引っ越し時の見積もりの時にかかる費用は、プロに依頼する為の必要経費とはいえなるべく安く済ませておきたい所です。その為の裏技を何点かご紹介しますので、お役立て下さい。まず決めなければならないのが、どこまでを業者に依頼するのかを決める事です。一番安く済むのが自分で梱包と荷物の運搬まで済ませ、トラックのみを借りて自分で運転して引っ越し先に移動する事です。トラックを運転できない依頼者であっても、自分で荷物の移動まですれば時間短縮も可能で、人材費も運転手の一人しかかかりません。荷物が少なく家電なども処分してしまう単身者などの場合は、こちらがお勧めです。出来るだけ自分で出来る事の範囲を広め、業者に依頼する荷物を少なくするのが安くするポイントです。口コミのランキングサイトで自分のスタイルに合った業者を見付け、相談する時に荷物の取捨詮索をするのも有効です。

引っ越し業者が費用を算出する為の見積もり訪問時の注意

電話や店頭、もしくはインターネットなどで打ち合わせをした後は、いよいよ業者が直に訪ねてくる設問見積もりになります。ここで要注意なのが、複数の業者に設問見積もりを依頼した場合、必ず時間をずらして業者同士が合わないようにして下さい。もしバッティングしてしまった場合、悪くすれば後から来た業者が見積もりを辞退してしまう危険性があります。同じ業界としての繋がりが密な引っ越し業者では、お互いの営業に配慮して顧客獲得の為でもマナー違反は避けます。もう一つの注意点ですが、業者が訪問した時には、部屋にある荷物は忘れずに全て見せる必要がある点です。引っ越し当日に手配するトラックと人材は、あくまで見積もりを参考にして予定を組みます。当日になってから予定外の荷物を出されては費用が追加でかかるならまだしも、最悪荷物を置いて行かれるケースもあります。正確な見積もり算出のためにも、残らず荷物を見せましょう。

引っ越し当日の見積もりとは別の費用発生を防ぐ為に

折角見積もりを安く算出したとしても、当日に別途料金が発生してしまうケースがあります。そういった危険を防ぐためには幾つかの注意ポイントがあります。一番やってはいけないのが、引っ越し当日まで業者に荷物を内密にし、後からサービスで持っていくように話をする事です。業者はあくまで見積もり時のスケジュールでもって荷物や人員の手配をしているので、予定外の荷物が発生すればトラックの追加や人員の補充などが起こり、当然追加費用も発生してしまいます。また、事前の打ち合わせで依頼者が済ませておく段取りを終えていない場合でも追加料金の発生がありえます。例えば当日までに梱包が終わっていない場合には、その作業を終える為の人件費や梱包材にかかるお金が発生してしまうからです。予定外のアクシデントが多発すれば業者自体にも迷惑がかかってしまいますので、事前打ち合わせでは細かい所まで確認し、業者の指示に従いましょう。